「歯の未来は子どもの未来。」おのこども歯科医院 小児歯科・小児矯正歯科・歯科

おのこども歯科医院の矯正治療の流れ

歯並びや咬み合わせに対する保護者やお子様の悩みやご意見・ご希望などをカウンセリングルームにてお聞きします。その際、矯正治療の装置、料金、治療期間などの概略をお話いたします。また、時期が早すぎる子や矯正開始を悩んでいるお子様は、治療開始まで定期観察いたします。なお、時間をかけてお話しさせていただくため、あらかじめご予約に上、お越しください。

お子様の現在の歯並びや咬み合わせ、歯やあごの骨の状態を調べるために下記の検査を行います。

  • 歯や顎関節、頭蓋骨などのレントゲン写真の撮影
  • 歯型の採取
  • 顔や口の中の写真撮影
  • 上下の咬み合わせの採取
  • 口の中の状態の検査

(必要に応じて、虫歯に対する唾液の質と虫歯菌の数の検査)

など

検査をして、約1か月後に検査結果を総合的に判断して現在の状態を診断します。各検査の結果を基に、保護者やお子様を交えて説明いたします。次に、その診断を基に資料方針を呈示し、ご相談しながら治療計画を決定いたします。その際、使用する装置・期間・料金、抜歯の必要性などについてもしっかりとご説明いたします。矯正料金をお伝えするのはこの時になります。支払い方法などもご遠慮なくご相談ください。

診断時にお伝えした内容を了解して頂きましたら、いよいよ治療開始です。

治療開始時は痛みや不安なども多い時期です。どんなささいなことも当院にご相談ください。また当院では、本格矯正に用いる金具(ブラケット)は、銀色のものでなく、白いもので審美性に高いものを使用しています。

装置を装着するための型取りを行って、装置を装着いたします。矯正装置装着後は、1か月に1回の頻度で通院していただき、矯正治療の装置やワイヤーのチェックや調整を行います。定期観察の場合は、2~3か月に1回通院していただきます。また、矯正治療中は歯みがきなどのケアがしにくくなりますので、当院の歯科衛生士が虫歯・歯肉炎のチェックやフッ化物塗布、歯みがき指導などを実施いたします。

矯正治療によって歯やあごが予定位置まで移動したら、レントゲン写真などを撮影し、装置を取り外しても問題がないことを確認して矯正装置を取り外します。

矯正装置を外した後は、歯は元の位置に戻ろうとしますので保定装置(リテーナー)を装着していただき、咬み合わせの安定を図ります。歯や咬み合わせが安定しているかどうかを装置撤去後約2年間、経過を診させていただきます。

保定期間中は、矯正治療の予後をしっかり確認するために、当院では約3か月に1回程度で通院をお願いしています。保定装置をきちんと装着していないとまた悪い咬み合わせに後戻りしてしまいます。また、虫歯や歯周病といったお口のトラブルの早期発見にもつながりますので、定期健診は大事になります。

料金のご案内